強力なユークロマ クリームにはどのようなものがありますか?強力な美白クリームはハイドロキノン配合の美白クリーム

美白になりたいと思っていて、効果がとにかく強力な美白クリームを使いたいと思っている方は少なくないでしょう。どんなものが強力なのかこれからご紹介しますので、参考にしてみてください。

引証>>陰部にユークロマクリーム http://www.ntp-k.org/medicine/skin/eukroma.html

■ハイドロキノンが最も強力
美白成分として最も強力なのは、ハイドロキノンというものです。そしてこのハイドロキノンが配合された美白クリームというのが、強力な美白クリームであると考えて間違いありません。ハイドロキノン配合の美白クリームというのは、クリニックなどで処方をしてもらうだけではなく市販でも購入ができます。

ただし、市販のものは少々クリニックなどで処方されるものと比べるとハイドロキノンの配合量が少なくなります。だいたい市販のものが1%から4%程度ハイドロキノンが配合となり、クリニックであれば5%程度が配合されるようになります。より効果が高いのはクリニックで処方されるような美白クリームであると覚えておきましょう。

■ハイドロキノンの美白クリームには注意も必要
ハイドロキノンは強力なので効果にはかなり期待ができるものの、注意点もあります。それは、ハイドロキノンは強力な分刺激も強いという事です。ハイドロキノンが高配合のものは、肌が弱い方は利用できません。無理に利用をする事で、皮膚にダメージを与えてしまう危険性があります。

肌があまり強くない方は、ハイドロキノンの配合料が1%から3%程度のものを選ぶようにしましょう。またもしも肌に炎症などの異常が見られるような時には、使用を田立にやめて医師に相談するようになさってください。またクリニックで処方されるようなものは、当然医師の指導の元正しく使い、自己流での使い方は避けるようにしましょう。

強力の美白クリームとしては、強い美白効果のあるハイドロキノンという成分が配合された美白クリームが挙げられます。そして利用の際の注意点もしっかりと守り、肌を傷めないように使っていく事がとても大切であると覚えておきましょう。

ユークロマクリームはどのような点に注意して選べばいいのでしょうか?美白クリームの選び方

美白クリームは「肌を白くするもの」と誤解されがちですが、本当は「メラニンの生成を抑えるもの」です。美白クリームがもたらす効果は、大きく以下の2つです。

・紫外線により黒くなった肌を本来の色に戻す
・肌のトーンを上げてシミやソバカスを薄くしたり、予防する

効果がある美白クリームを簡単に見分けるには「美白」か「医薬部外品(薬用)」と書いてあるかをチェックすることです。というのも実は「美白」「医薬部外品(薬用)」と表記できるのは、国が安全性を認めた有効成分配合のアイテムのみ。この2つの表示があれば「安全で効果がある」と考えて大丈夫です。

目的にあった「美白成分」を選ぶ

ユークロマクリームはどのような点に注意して選べばいいのでしょうか?美白クリームの選び方

日焼け・シミ・くすみの原因は「過剰なメラニンが肌にとどまること」です。美白成分はこのメラニンを異なる働きで防ぐため、今後のシミを予防したい、今あるシミを薄くしたい、のどちらが目的かで美白成分を選びましょう。

<予防する>
◆アルブチン
表示例:アルブチン、α‐アルブチン
◆トラネキサム酸
表示例:トラネキサム酸、m-トラネキサム酸

<薄くする>
◆プラセンタエキス
表示例:プラセンタエキス

<予防+薄くする>
◆ビタミンC誘導体
表示例:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)、リン酸アスコルビルMg(APM)など
◆4MSK
表示例:(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)

中でもおすすめの成分は「ビタミンC誘導体」。美白の予防・改善どちらも期待できる優秀な美白成分といえます。

その他にも、お肌の漂白剤といわれる「ハイドロキノン」
敏感・乾燥肌以外の方には、「ビタミンC誘導体」の他に「ハイドロキノン」という美白成分もおすすめ。やや刺激が強いというリスクはありますが、その美白効果は他の成分の10~100倍ともいわれるほどシミやくすみの改善に期待大です。

ということで、美白化粧品の選び方のポイントは、
①ビタミンC誘導体などの美白有効成分が配合されているものを選ぶ
②ハイドロキノンなど強すぎる成分は使用に注意する

以上のことを頭において、自分の目的、予算、好みで選ぶのがよいと思います。